TEL

手足のケガ | 東近江市 八日市 彦根市 かなで整骨院

お問い合わせはこちら

手足のケガ

手足のケガの施術を受けるなら東近江市・八日市・彦根市のかなで整骨院まで

手足のケガの症状とは?

・患部に激痛がある
・腫れている
・患部が変形している
・脱臼
・捻挫
・骨折

手足のケガをして痛みが強い場合、脱臼や骨折、捻挫をしている可能性もあります。
捻挫は足首だけでなく、手首や指の関節でも起きやすいです。

手足のケガの原因は?

・スポーツ
・転倒
・ひねった
・ぶつかった

手足のケガは、何かスポーツをしている時や、転んだ時に負いやすいもので、関節が傷ついてしまうことが発生します。

痛みや腫れもなかなかひかない場合、関節が不安定になっている時は、早めに処置をしなければ、回復も遅くなってしまいますし、生活にも支障をきたしてしまうでしょう。
かなで整骨院では、手足のケガにも対応しています。

手足をケガしてなかなか痛みがとれないという方がいましたら、ぜひ一度、東近江市・八日市・彦根市のかなで整骨院までお気軽にご相談ください。

手足のケガはどのように施術するの?

かなで整骨院では、手足のケガで痛みがある場合、その痛みを根本的に解消できるように施術していきます。

一時的に痛みを止めるだけの施術はしません。

根本的に痛みが改善していくようにしますし、何度も繰り返すというお客様でしたら、ケガしにくい体質へと改善していきます。

捻挫や脱臼、骨折による慢性的な不快感、痛みにも対応しています。

脱臼と捻挫は、いずれも施術法が同じで、痛めて間もない時には、まず関節部分の患部を、包帯やテーピングで固定します。

そしてとにかく患部に負担をかけないことが大切です。

捻挫や脱臼だと自分では思っていても、実際は骨折だった…というケースもよくあることなので、冷やして安静にしておくことをおすすめします。

しかし、安静にしていても痛みや腫れがひいていかないような場合には、医師の診断を受けましょう。

手足のケガを予防するには?

日頃からよく手足を動かして、柔軟にしておくことです。

関節がかたまっていると、ふと負担がかかった時に、ケガに発展してしまいがちです。

スポーツをやる前と後は、必ずウォーミングアップとクールダウンをすること、ただやるだけでなく、十分にしておくことが予防につながります。

足を捻挫した場合は、腫れがひどくなる前に、靴を抜いでおくことをおすすめします。

東近江市・八日市・彦根市のかなで整骨院では、施術が終わった後も、ご自宅でできる簡単な予防法(体操など)や、手足のケガをしにくい生活習慣などについてアドバイスしていきます。

手足のケガを繰り返すという方は、当院でケガしにくい体質に改善していくことも可能ですので、ぜひお気軽にご来院ください。